車のガラスコーティング、板金塗装、修理、下回り錆止めは新潟県のGLOSSYにお任せ下さい。

  • 10時~21時まで受付中!!休日もOK!! Tel. 090-1453-2498
  • CONTACT

NEWS[ お知らせ ]

え、車の鉄粉取りに正しい方法ってあるの?鉄粉粘土は時代遅れに

2018.07.02

こんにちは。新潟市のカーコーティング専門店グロッシーの森です!

突然ですが、あなたは車を洗っていて、どうしても落ちない茶色い斑点状の汚れに悩まされたことはありませんか?

 

その正体は、、、、、、、そう。鉄粉です。

 

鉄粉とは、主に車のブレーキローターやブレーキパッドが削れたブレーキダストが直接または間接的にボディーに付着して酸化し、 固着したものです。その証拠に、ブレーキやホイール周りは下の写真のように鉄粉まみれです(苦)

 

一般的なカーシャンプーはあくまで表面的な汚れを落とすのが役目なので、固着してしまった鉄粉を落とすことは不可能。無理にこすったり安易に鉄粉除去粘土を 使用してしまっては逆に塗装面に傷をつけてしまいます。

カー用品店で販売されている紫色に変化する鉄粉除去剤や鉄粉粘土を試して見たけど、結局どれをどう使ったらいいのかわからず混乱してしまっている方も多いのではないでしょうか?

僕らカーコーティング専門店はそんな鉄粉の処理をどうしているかというと、、、、、実はプロ使用の鉄粉除去剤を適切に使う事で、かなり楽して洗浄しているんです。

この記事では一部のカーコーティング専門店だけが知っている、ボディーについた鉄粉の簡単かつ正い除去方法についてお伝えしていこうと思います。難しい説明やメカニズムは割愛してさっさと進みますね(笑)

 

まずは今回の題材であるフリードスパイク(パールホワイト車)の鉄粉の状況を見ていきましょう。重度の鉄粉が蓄積しているのが一目瞭然ですね・・・。

普通であればオーナー様ご自身ではどうしようもない状態なのですが、正い鉄粉除去方法を知ってしまえば一般の方でもきれいに除去することができます。今回使用の鉄粉除去スプレースペチアーレシリーズのX-01は念の為『メッキ部には使わないでください』としておきますが正しく使用すればエンブレムの黒ずみにもかなり有効だったりもします。

 

リヤゲート左側(Befor)

今年(2018年)の冬は豪雪に見舞われた新潟県。路面の雪がなかなか解けなかったせいで鉄粉も路面から流れずに雪を巻き上げる度に鉄粉がボディーに付着していたのでしょう。多くのお客様が写真同様に鉄粉に悩まされていました。

リヤゲートエンブレム部の鉄粉と黒ずみ鉄粉に加えて黒ずみも乗ってしまい、残念な状態になっています。

リヤゲートエンブレム部の鉄粉と黒ずみ

ホンダのエンブレム同様小汚い感じです。

 

ボディーについた鉄粉の除去工程

 

STEP0

鉄粉除去作業にかかる前に通常の洗車を終わらせておきましょう。シャンプー洗車を行う事で油分や鉄粉以外の汚れが除去され、鉄粉除去剤の反応がよくなります。

 

STEP1

鉄粉除去剤を柔らかいマイクロファイバークロスに適量染み込ませ、鉄粉、ウォータースポット、地下水黄ばみのある部分にサッと塗り広げます。

 

すぐに反応し始め、鉄粉は小さくなり、ウォータースポットは白く浮き上がり、黄ばみはスーッと消えていきます。

一定時間を経過すると反応が鈍るので何度か液をつけ足して撫でるように除去していきます。軽度のものであればこの工程で全て取り去ることができるでしょう。

STEP2

STEP1の鉄粉除去スプレーでも鉄粉が取りきれなかった場合には鉄粉除去パッドや鉄粉除去グローブを使うと簡単に落とすことができます。鉄粉除去パッドの方が簡単に鉄粉除去できてしまうので鉄粉粘土はここ数年ほとんど出番がなくなってしまいました。

鉄粉除去パッドの方法は、霧吹きか水道で水を与えながら軽くスライドさせる事で、ボディーに傷をつける事なく除去することができます。初めからこのパッドだけでも鉄粉除去は可能ですが、軽度のものはケミカルを使用してあげる事でより楽に、傷リスクなく除去が可能になります。

 

エンブレムや目地など細かい部分は毛の柔らかい刷毛や筆を使うと傷つけずに簡単にクリーニングができますよ^ ^

って、車が変わってますが気にしないでくださーい。

 

鉄粉除去作業完了後の結果

施工終了後はこの通りツルツルのピカピカになります。

『別の車で撮影したんじゃないか疑惑』が浮上しそうなほどきれいになってしまいました。

 

 

以上、作業は完了です!

必ずゴム手袋を着用して作業してくださいね。

あと、弱ったメッキ、ガラス、塗装されていないアルミホイールには原則使用しないでください。

そして、洗浄完了後は施工箇所を水道水で流すか、カーシャンプーで洗浄してください。

 

今回使用したものまたは紹介したもの

刷毛(毛の柔らかめのもの)

ニトリル手袋

SPECIALE  Xー01 『ミネラル系の汚れを簡単に除去できる最も基本となる洗浄ケミカル』

マイクロファイバークロス 『東レ製、超極細特許繊維使用のクロスで洗車傷を低減します。』

鉄粉除去パッド、鉄粉除去グローブ

その他カーケア製品はこちら

 

この記事のライター

森  新 

2009年までオートバイのプロレーサーとして活動し、世界二輪ロードレース選手権の出場経験も持つ。新潟に帰省しカーコーティング業に転身。新潟県から、カーオーナーを『車のキレイを通じて豊かにする』活動を行う。カスタムペイントも得意とし、塗料や塗装に関しての知見を持ち、現在はツヤの本質を追求中。著者の紹介を見る

 

コーティング詳細ページへ

GLOSSY トップページへ

 

この記事を読んだあなたにおすすめ

お得たっぷりメルマガ登録はこちら

見積り無料代車無料完全予約制

ご質問・お見積りだけでもお気軽にどうぞ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP