車のガラスコーティング、板金塗装、修理、下回り錆止めは新潟県のGLOSSYにお任せ下さい。

  • 10時~21時まで受付中!!休日もOK!! Tel. 090-1453-2498
  • CONTACT

NEWS[ お知らせ ]

初めてのガラスコーティング |絶対失敗しない為の『6か条』

2018.03.09

みなさんこんにちは、

突然ですがあなたは車のガラスコーティング を検討しているときに、『コーティングなんて初めてだし、どこに依頼していいかわ全然からないよ・・・・』
とか、『考えるのめんどうだからとりあえず安いやつでいっか。』みたいに、ちょっと投げやりな気持になった経験はありませんか?

今回は車のガラスコーティングを専門店に任せる時のメリットデメリット、コーティングの施工で絶対に失敗しない為のポイントをお伝えしていきます。

カーディーラー、簡易施工店、専門店、それぞれの強みと弱み

あなたのお住いの地域にもコーティングを施工してくれるお店は意外とたくさんあるものです。身近なところではディーラーやガソリンスタンド、カー用品店など、そして僕らプロショップ(いわゆるカーコーティング専門店)もあるでしょう。

ちなみにに私ががお店を構える新潟市では、全て合わせれば多分100軒以上はあると思います。そんなに多いと自分に合うお店に出会うのは至難の技ですよね?なので、まずはディーラーやガソスタ、カー用品店、専門店の特徴を簡単におさえておきましょう!

①ディーラーや自動車販売店の特徴

カーディーラーは買った車が納車される時にはコーティングが終わっているので二度手間にならず楽チン。専門店に外注している場合にはそれほど心配する必要はありませんが、販売店自らが施工している場合には簡易的な施工になるケースが多いため少し注意が必要です。費用も高額になることが多いようです。

②ガソリンスタンド系やカー用品店の特徴

簡易型のカーコーティングを扱うガソスタ系は施工にかかる時間が短く、概ね数時間から1日の預かり期間で施工できるのでお手軽な傾向にあります。費用は低価格からラインナップされていますが、低価格なものはメンテナンス頻度が高くなる傾向にあるようです。中価格層のコーティングが人気ではありますが高額なコーティングもあり、様々な客層に対応しているのが特徴です。洗車のサービスがあるのも魅力的ですね。

③コーティング専門店の特徴

ガラスコーティング 専門店では洗浄、研磨にとても多くの手間と時間をかけるため、作業日数が2日〜5日程度かかります。中価格層から高価格層のものが多く、材料選定も品質を最優先に考えます。

何より研磨でツヤを上げていくことに関しての技術と知識レベルは特に高く、入庫前と完成後に明らかな違いが感じられるのは専門店ならではと言えます。

 

以上、ガラスコーティング施工を扱う各お店の特徴でしたが、あなたの感覚に一番近いのはどれでしたか?どこも皆「ガラスコーティング」という商品を扱っていても、それぞれサービスの内容や特徴が違うのがわかると思います。

実は僕ら専門店の中ですら、お店によって特徴や考え方、などに『違い』があります。例えば技術面では『探究心の強さ×経験年数』によって大きな差になります。

 

例えば、『医者』と名のつく仕事でも歯医者さんもいれば街の頼れる内科医さん、難病を直す専門医まで様々です。自分に合ったお医者さんに出会うかそうかはその後の体の健康維持に大きく関わってきます。

コーティングも技術の高さだけではなく、あなたにとっての適正がとっても大切。

失敗しない為には、あなたがコーティングに持っているイメージや今求めている問題を解決してくれそうなお店かどうかを見極める事が、とても大切になると思います。

いくつかの重要な点さえ確認すればあなたにぴったりの施工店がきっと見つかるはずです。しっかりチェックしていきましょう。

失敗しない為のチェックポイント6か条!

その1、施工前診断をしっかり行ってくれる?

これはご入庫前のお問い合わせの時点から始まります。お客様のお車が経年者であれば当然洗車傷や目地にたまった汚れ、水ジミの程度や鉄粉等の付着が見受けられます。新車の場合でも車メーカーによって実は塗装の硬さや肌質、もともと持っている光沢は異なるので必要な工程が変わります。

お客様のライフスタイルやコーティングの効果のどの部分に一番重きを置くかでもご提案できる内容は当然違ってきます。初めてのお客様の場合、ここがズレているとお客様が思っている結果と私たちが提供する結果に相違が生まれてしまします。ですのでこの部分は本当に大切にしたいところです。

その2、洗浄は細かいところまで徹底してる?

ガラスコーティングもお化粧も下地が命です!(お化粧のことはあまり知りませんが・・・)新車はメーカーから出荷された瞬間から輸送や納車前洗など、様々な外的要因に晒されます。

経年車ならなおさら、汚れた雨や花粉、虫、黄砂や洗車によるイオンデポジット(水ジミ)etc、、、様々です。これらを除去してまっさらな状態にしてあげるとエッジの効いた印象を取り戻すことができるので大切です。

その3、研磨の技術と知識はある?

ここは一般の方が手を出しにくい領域なのでほとんど未知の領域だと思います。プロショップでもこの部分はそれぞれプライドや『秘密』が多く含まれています。凄く簡単にまとめるなら、『塗膜の状態によって道具と研磨剤を選定し見極め施工する』といったところでしょうか。

研磨に対して独自の理論と職人としてのポリシーを感じられるかどうかを見ればほぼその施工店のレベルが見えてしまいます。磨き職人としては腕を試される工程です。

その4、ガラスコーティング剤の性能は確か?

プロが使用するコーティング剤でさえ、完全硬化しないコーティングや酸や薬品などに弱いものが大半です。

逆に、完全硬化型や耐薬品性の高いものは高額ではありますが、施工者が神経を使うということを除けばほぼメリットになります。光沢が高くメンテナンス性に優れるのも優秀な材料の大きな特徴です。

その5、必要な時間を削らず、むしろ費やしてる?

どんな分野であっても工程を省かずに本質に向き合うことが良質なものを生み出します。料理だって素材を選び抜き手間と技術を惜しまない物は感動を生み出します。

経年車をしっかり仕上げようと思えば、洗浄、研磨、コーティング施工、仕上げ等々の作業をこなすには少なくとも4日〜5日程度は必要になります。というと、冗談だと思う方もいらっしゃるかと思いますが、、、状態やどこまで求めるか、ご予算にもよりますが、必要なので省けないのです。

その6、コーティング施工後、アドバイスやフォローをしてくれそう?

ガラスコーティングは適切に洗車やメンテナンスを行ってあげる事でその本来の効果をより多く得ることができます。

その為のポイントを施工後にしっかりとお伝えするかどうか、何か困った時に気軽に連絡を取ってもいい雰囲気があるかどうかも案外大切なポイントかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?初めて車のコーティングを依頼する場合には検討しなければならない点が多くて少し驚いてしまったかもしれませんね。

しかし、5万円やそれ以上の金額をコーティングにかける訳ですからある程度吟味して決めることで、後々『失敗したぁ、、、、』と後悔する可能性をグッと引き下げる事ができますよ!近々車を買い換える予定のある方や、今の車は長く綺麗に乗りたい!という方は特に、自分にぴったりの専門店にしっかり施工してもらう方が安心かもしれませんね。

この記事が、初めて車のコーティング施工を検討されている方のお役に立てたら嬉しいです。

この記事のライター

板金塗装専門店『GLOSSY』代表  森  新 

2009年までオートバイのプロレーサーとして活動し、世界二輪ロードレース選手権の出場経験も持つ。新潟に帰省しカーコーティング業に転身。新潟県から、カーオーナーを『車のキレイを通じて豊かにする』活動を行う。カスタムペイントも得意とし、塗料や塗装に関しての知見を持ち、現在はツヤの本質を追求中。記事の著者の紹介を見る

 

板金塗装詳細ページへ

GLOSSY トップページへ

この記事を読んだあなたにおすすめ

お得たっぷりメルマガ登録はこちら

見積り無料代車無料完全予約制

ご質問・お見積りだけでもお気軽にどうぞ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP