車のガラスコーティング、板金塗装、修理、下回り錆止めは新潟県のGLOSSYにお任せ下さい。

  • 10時~21時まで受付中!!休日もOK!! Tel. 090-1453-2498
  • CONTACT

NEWS[ お知らせ ]

ミニクーパーガラスコーティング 施工+洗車傷除去研磨(新潟市東区S樣)

2018.02.26

こちらのミニクーパーは、入庫時から全体的に汚れが少なく、手の入りにくいところまで洗車が行き届いており、

前オーナー様の愛情が感じられる車両でした。ただ、その愛情が裏目に出てしまっている部分もあり、

なかなか手強い作業になる事が予想されました。その、裏目に出てしまった部分とは、、、、

 

 

そう、強烈な『洗車傷』です。そもそも洗車傷を一切付けないように洗車を行うには洗車の環境と技術、

そしてかなりの時間と手間を要します。ですので、洗車知識がない状態で洗車を行い、

更に洗車頻度が高ければ少なからず洗車傷は入ってしまいます。

 

 

今回のミニクーパーのボディー研磨による洗車傷の除去を行い、かつ、塗装を削り込まないという点が今回の大きなテーマ。

幸いにも塗装面の劣化はほとんどありませんでしたので通常の研磨剤とバフのマッチングで研磨を開始したのですが、、、、、。

 

傷が抜けない。何故???

 

 

どうやらこの車両、再塗装されている様で、しかもかなり硬いクリヤーを塗装されておりました。

通常の初期研磨のセッティングでは磨けない為、高硬度向けのバフと高硬度向けの粉砕型研磨剤のマッチングで初期研磨を行いました。

 

 

まぁまぁ苦戦はしましたが、初期研磨だけでもかなり光沢のある状態まで復元しました。

その後は徐々に粒度を落とし、バフも面圧のかからないものへとセッティングを変更していきます。

 

 

 

 

研磨後は塗装面に研磨剤やバフのウールが乗りますのでそれらをきれいに洗浄、脱脂し、

耐擦り傷性の高いグロスアーマーコーティングを施工します。

施工を終えると当時のかわいいミニクーパーちゃんが蘇りました!!

 

 

 

 

ローバーのミニクーパーなど、年式の古い車の場合には特に汚れや傷があると古ぼけた印象が際立ってしまいがちです。

当たり前ですが、古い車だって発売当時は当然新車ですよね?

当時の輝きを現代にまで引き継ぐ事であなたにとって大切なパートナーとしての価値が最大化するのだと思います。

 

 

 

納車の時に、お客様からは『前の状態がひどかったのでちょっとでも良くなったらいいなーと思っていたんですけど、

期待以上にピカピカになってびっくりしました。』というお言葉を頂く事ができました。

かわいいローバーミニちゃんをずっと大事に乗れる様にこれからもお手伝いできたらと思います。ご依頼ありがとうございました!!

 

また時々お立ち寄り下さいね!ご依頼ありがとうございました。

 

他の施工事例も見る

TOPページへ戻る

コーティングページへ

この記事を読んだあなたにおすすめ

 

見積り無料代車無料完全予約制

ご質問・お見積りだけでもお気軽にどうぞ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP